しゃれおつ

美輪明宏のおしゃれ大図鑑美輪明宏のおしゃれ大図鑑
(2005/08/26)
美輪 明宏

商品詳細を見る

私は自分で自分のことを一度もおしゃれだと思ったことはないし、
むしろダサい部類に入る女子だと思っていますが近頃頂いたこの本が面白くて仕方ないです。

美輪明宏さんのおしゃれ大図鑑。
美輪さんというとどうしても「スピリチュアル系」という部類に思われがちですが、
この本の内容は本当にひたすら「カワイイ」!「キレイ」!
表紙からして可愛いでしょう。
普通のファッションorカルチャー系冊子として、わりと違和感なく読めるところがいい。

美しいものに囲まれれば美しくなる
――愛おしい音楽、上品な香り、綺麗な言葉使い、好きなものに溢れた部屋、質の高い映画、真の意味でいい男。

そんなテーマに則り、美輪さんがハタチの時に築いたという6畳1間の「お城」内部の再現イラストは、
そこらへんの女子よりも余程女子力高くて可愛かったね。

言葉が乱れれば心が乱れるし、部屋が散らかれば気も散ってしまう。
悪い男に引っかかれば精神が荒むし、下品な匂いは周りの人の思い出までも支配する。

そう考えると結局、「おしゃれ」というのは、精神的な問題なんだと思う。
少しずつ精神を磨くために、外部からの沢山のインプットが必要。
そして蓄積されたもののアウトプット=その人本来の美しさなんだろうな。

思えばスタイルっていう言葉は、肉体のことも表すし、主義や方向性という意味でも使われるよね。
肉体の堕落は、精神の堕落って、言っていたのは誰だっけ?
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
07 09
プロフィール

菊池ともか

Author:菊池ともか
Twitter:tomoka_slvjet
夢見がちギタリスト&歌うたい。
1988年2月3日生まれ。AB型。
東京都出身。
10代半ばからギターに夢中で
様々なバンドにギタリストとして参加。
現在はソロプロジェクト
"Folk Rock Express"進行中。
愛用ギターは銀ラメのグレッチ・シルバージェット!
アコギはマーチンの000-15M☆

最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム