長い散歩道

私は平日昼ごはん食べた後、20分くらい毎日散歩するようにしています。
しかも、全く同じルートを、全く同じように
雨の日も風の日も、どんなに寒くとも暑くとも歩いている気がする。全然飽きなくて。
「犬」と笑われますがw 他の道にも、視界に入るお店の誘惑にも、興味ないんです。
むしろ同じルートでないと、どうにもソワソワして落ち着かないんですね。
忙しければ忙しいほど、その20分間はとても大切な時間です。

反復は大嫌いですごく移り気なのに、一度ついた習慣に対しては超保守的。
我ながら、矛盾した面倒くさい性格だなあ、としみじみ感じる。

でも、何の気なしに始めたことが、結構深みにハマってやめられなくなるって、
意外とありませんか??
「さあ、始めよう!」とか言って仰々しく始まったことって、案外続かなかったり、
ロクな結果を生まなかったりする。

なんで始めたのか、始まったのか自分でもサッパリわからないけど
気付いたら始まってたし、続いてた、くらいがちょうどいいんだネ、きっと。

長続きといえば、この間、タイガース(ほとんど)再結成ということで
ジュリーのライヴを生で見る機会に恵まれたんですが、お客さんから、そしてタイガースの双方から、
何十年も前からずーっと醒めない夢、冷めない熱を感じて、正直びっくりしました!
こんな世界が、今ここで、まだ続いているんだ、というすごい高揚感。

アーティスト対オーディエンス(ファン)、の関係というよりも、
一緒に年を重ねて、同じ時代を苦しみも喜びも含めて歩んできた、という意味の重さ。
時代が止まってしまっているのではなく、
着実に皆が「一緒に」年を重ね続けているんだ、重ね続けてきたんだ、という
目に見えない何かに圧倒されました。

ジュリーが「もう高齢だから」みたいなことを冗談ぽくMCで言ったとき、
私の近くにいた中年のお客さんが「俺もだよジュリー」、とまるでステージに直接語りかけるように呟いてて、
なんだかそれが、私にはひどく羨ましくて、暖かく聞こえてたまらなかった。
その一言にこもった想いには、到底かなわないよ。

だから、今だからこそ、私は自分たちの世代で出来ることを、
音楽にしても何しても、探さなくちゃいけないんだなあ、なんて考えてしまう。

まあ、そんなことを感じながら歩いています(笑)。
同じ道を歩いていても、毎日変化があるように、何でも長くめげずに続けていれば、
思いがけず、良いことがあったりするものです。

★本日の素敵
 DON&DEWEY 「JUSTINE」
――確か瞳みのるさんがカバーしていた。めちゃくちゃ楽しそうに叫んでたなあ。
  私座って聞いてたけど、本当は今にも立ち上がりたくてウズウズしてた(笑)。
  今や俳優としてのイメージの方が強い岸部一徳さんのベースもカッコよかったし!
  ほんと、「僕のマリー」も「シーシーシー」とかも聞けて最高だった。書ききれない。
  タイガースの曲って、歌詞もメロディーも美しすぎて。「落葉の物語」なんか特に幸せになれる。
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
10 12
プロフィール

菊池ともか

Author:菊池ともか
Twitter:tomoka_slvjet
夢見がちギタリスト&歌うたい。
1988年2月3日生まれ。AB型。
東京都出身。
10代半ばからギターに夢中で
様々なバンドにギタリストとして参加。
現在はソロプロジェクト
"Folk Rock Express"進行中。
愛用ギターは銀ラメのグレッチ・シルバージェット!
アコギはマーチンの000-15M☆

最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム