超絶とは

IMG_1728.jpg

ちょっと前のことになりますが、この映画を見に行ってきました。
19世紀の天才ヴァイオリニスト、パガニーニの映画
なんか久々に、「劇場で見て良かった」と心底思える素晴らしい音楽映画でした。

元々、悪魔に魂を売っているのでは?と噂されたほどの演奏で評判だったという
パガニーニのことはなんとなく興味があって、
あるライブの帰り道、ふと思い出したように電車の中で彼の人生について調べたら、
「もうすぐ映画公開…!?」と。
そんな、ピンときた予感に誘われて、劇場にいきました。

私はヴァイオリンは弾けないけれど、その音色は大好き。
神様や天使にもし声があるとしたら、きっとヴァイオリンみたいな声色なんだろうな、と
冗談じゃなく思っているのです。

でも、パガニーニの人生や演奏に常につきまとっているものは
「超絶技巧」という言葉。これがどうもシックリこない。
映画を見て、さらにその思いが募りました。
演奏家を「超絶」たらしめるもの。それは果たして「技巧」なのか?

そんなことを考えましたが、具体的に書きすぎるとネタバレになりそうなので
下に隠しておきます。興味のある方はどうぞ。

Continue Reading

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
07 09
プロフィール

菊池ともか

Author:菊池ともか
Twitter:tomoka_slvjet
夢見がちギタリスト&歌うたい。
1988年2月3日生まれ。AB型。
東京都出身。
10代半ばからギターに夢中で
様々なバンドにギタリストとして参加。
現在はソロプロジェクト
"Folk Rock Express"進行中。
愛用ギターは銀ラメのグレッチ・シルバージェット!
アコギはマーチンの000-15M☆

最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム