12月の予定とレコ発振り返り

すっかり冬の空気になりました(今日は暖かかったけど)

先月11/3にレコードをリリースして以降、11月は本当に色々な場所で「きっちん・らぷそでぃー/ドーナツの向こう側」を歌わせていただきました。目の前で買っていただき、自らお渡しできる機会も多く、とても嬉しかったです

そしてお陰様で、ディスクユニオン週間インディーズチャート3位にランクインすることができました!!
……沢山の作品が同じ日にリリースされていたので、正直ランクインは厳しいのではないかと弱気になったりもしましたが、結果を出すことができてよかった 買って下さった皆様と、作品創りにあらゆる意味で「ギリギリまで」協力してくれたサポートメンバーや関係者の方々に大感謝です。ありがとうございます!

なんというか、作品創りって暗い海に小さい船で乗り出す感じと似ているな、と思います。
どこかにあるであろう場所に辿り付きたいけど、途中で何があるかわからないし、迷いかけた時は自分を信じる力が試される。

でも、そんな何があるかわからない暗中模索の道中だったからこそ、その途中でかけてもらった励ましの言葉や感想や、「力を貸してくれてありがとう」って思った場面はより一層、星のように強い光で点々と輝き出して、星座みたいにつながってずっと忘れられないです
レコ発まで無事に終えることができましたが、きっと折にふれて思い出しちゃいます。

(こんな風に書くと綺麗ごとみたいに聞こえてしまうかもしれないけれど、全然綺麗じゃなくて不器用すぎる凸凹道を進んでいる自分だからこそ、です笑)

また作品が出せるように、そして私もどなたかのささやかな力になれるように、今年も最後まで、そして来年も頑張ります!

▼12月のスケジュール▼
☆ライブ・イベント出演予定
・12月16日(土)
 菊池ともか@江古田マーキー ※18:30頃より出演

 【冬麗の宴】
共演:柏田ほづみ
サポートkey.久保田吉輝

いつも「次来る時は季節が変わってるな~」と思うものの、いつもあっという間にライブが近付いている気がするマーキー。
私はマーキーのウッディーな空気感や、貴重なお話を聴かせて下さるオーナー、店長さんが大好きなので、マーキーに似合うアーティストでありたいなぁと出演するたびに心ひそかに想っています。

  ※ライブの詳細はこちら
  ※江古田マーキーの場所はこちら
  ※前売3,000円+1drink (当日券は3,500円)

・12月24日(祝・月)
 菊池ともか@池袋FILED ※18:30頃より出演

 【be On ! Christmas Special】
共演:イシヅヤシン/うたれん/田森理生
サポートkey.久保田吉輝

池袋FIELDにも今年も大変お世話になりました。オーナーの山石さんのお声がけで、先日はガロのカバーライブなども実現できたのですが、この日はクリスマススペシャルということで、途中で山石さんにも再び登場していただき、ゲスト出演いただく予定です。今回は、オリジナル曲の方もしっかりお届けします年内最後のライブ!ぜひいらしてください!

  ※ライブの詳細はこちら
  ※池袋FIELDの場所はこちら
  ※前売・当日券共通 1,500円+1drink

▼ご予約、お問い合わせはtomoka_blog_info@yahoo.co.jpまでどうぞ。
 ・ライブのご予約はお名前/日付/ご予約人数をご記載の上、お送りください。

DoUt2yTUYAAcMbs.jpg

菊池ともか ”きっちん・らぷそでぃー/ドーナツの向こう側”

▼レコードの購入はこちら(店頭でも取扱いあり)。
http://diskunion.net/jp/ct/detail/1007731810

▼"レコードの日"オフィシャルサイトにて試聴も可能です
https://xn--u9j9gocyg7c6671b.jp/items/items-1611

ついに明日

10日連続のブログ更新も、今日で無事10回め!
いよいよ「きっちん・らぷそでぃー/ドーナツの向こう側」7inchレコード発売まで、あと1日となりました。あっという間の10日間でした。

今から思い返せば、いつから作り始めたんだっけ?というくらい沢山のプロセスを経て発売まで辿りついた気がします。1stソロアルバムの「フォークロック・エクスプレス」をリリースした時は、もうそれだけで精いっぱいで、次回作を出すことを考える余裕がそこまでなかったのですが、今回に関しては、"次回作に向けての先行リリース"という気持ちや願いも大きいです
東洋化成のカッティングルームを後にする時は、思わず"またここに来れるように頑張ります……!"と口走ってしまいました。

この作品を制作するにあたって、曲を作ってコードや歌詞を走り書きしている段階から、ライブを経て、レコーディングを経て、少しずつレコードらしくなっていくのをおそらく一番近くで見て、感じてきたわけですが、最後の最後はやはり、それを手に取って下さる方がいらっしゃってこそ、初めて"完成"と言えるのだと思います。

ソロ名義でのリリースではありますが、その背後には言うまでもなくかなり沢山の方が関わってくださり、有形無形のご支援をいただきました。普段ライブやツイキャスに来て下さっているお客様からいただいた言葉も、かなり励みになりました。
リリースはゴールでもありつつ、差し迫ったスタートな気もします。

明日は発売日、レコードの日でもある、11月3日。
新宿ディスクユニオン 日本のロック・インディーズ館前の路上で15時から。
ディスクユニオン昭和歌謡館で18時から。ミニライブ&即売会イベントがあります。入場無料で、ポストカードを入場特典としてそれぞれお渡しさせていただく予定です。両A面なので、それぞれのジャケットの衣装に、衣装替えしようかな♪
それから、決まり次第Twitterでお知らせしますが、11/3か11/4のどちらかで、ツイキャスもやりたいです!

ここまで来たら、もう言い残すことはありません(笑)。新しい出発のつもりで心をこめて演奏しますので、ぜひお店を覗きにいらしてください。レコードも受け取っていただけたら嬉しいです。
何卒、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

DoUt2yTUYAAcMbs.jpg

菊池ともか ”きっちん・らぷそでぃー/ドーナツの向こう側”

▼レコードのご予約はこちら(店頭でも大丈夫です)。
http://diskunion.net/jp/ct/detail/1007731810

▼"レコードの日"オフィシャルサイトにて試聴も可能です
https://xn--u9j9gocyg7c6671b.jp/items/items-1611

その場の空気が変わる曲について

今日から11月!ついに来たかぁという感じです。
商店街を通ったら、もうクリスマス・キャロルのメロディーが流れていてびっくりしてしまいました。ハロウィンが終わると、間髪入れず一気にクリスマスや年末年始のムードになっていきますね……街にイルミネーションが現れはじめるのが楽しみな一方、そんなにすぐに年末までの隙間を埋めなくても、11月は11月で良いのになぁと並び出すおせちのサンプルを見ながら思ったりもします。。。そんな風に思うのも、私自身が何の備えもなく、行き当たりばったりで生きているからか(^ω^;)

昨日のブログでは歩きながら聴きたい曲をいくつか邦楽を書いてみましたが、今日はやはりそんな11月の澄んだ冷たさを感じながら聴きたい曲を、洋楽バージョンで書いてみようかなと思います。洋楽の場合は、英詞ということもあって、どちらかというとサウンド重視で、その場に広がる空気ごとドラマチックに変えてくれるような曲が多いです♪

◆If I Fell (The Beatles)
ビートルズの曲の中で1・2番めくらいに好きな曲かもしれません。(自分の曲の「ドーナツの向こう側」で"恋におちたら レコード"という歌詞も出てきますが……)初めて聴いたときの、アルバムのジャケ(タートルネック)の印象が強いからなのか、どうも冬のイメージを抱きます。シンプルなのに、独特で頭に残るメロディーやコーラスだなぁと聴くたびに思います。個人的には冬の静かな朝、人気のない道を歩く時に聴きたいです。

◆FROG PRINCE (The Parade)
歌の後ろで鳴っているギターのメロディーも効いていて、木漏れ日のような陽気な感じのポップな曲なのですが、よくよく歌詞を聴いてみるとカエルの王子様…?魔女……?とグリム童話のような面白さがあります。
"One day...(ある日)"という昔話風のはじまり方もどことなくミュージカルっぽさもあり坂道をぴょんぴょん早足でかけ降りていくような遊び心も感じる軽快な曲です。

◆Head Start (Bobby Hutcherson)
この曲はインストなのですが、夕闇の中で車に乗っている時に聴きたいような曲ですね。車窓からどんな風景が見えていたとしても、大人びた映画の1シーンに変えてしまうような魔力を感じます。スピード感と華やかさがあって、本当に吸い込まれそうになります。これは完全に主観なのですが、私はルパン三世が大好きなので、聴くたびになぜかモンキーパンチ先生の描く漫画のハードな切れ味鋭いルパン達がメロディーの中から浮かびます(笑)。スピード感と、渋みのある華やかさという点で共通しているのかな。

◆Millionaire Waltz (Queen)
ダイナミックでメロディアス、クラシカルだけどエレキギターの音が麗しく鳴り響く最高な曲。
以前、尊敬しているギタリストの先輩が選曲して作ってくれたCD-Rの中に入っていた1曲でもあります。ワルツのリズムとの相乗効果で聴くだけで心が舞い上がり、舞台の主人公になったつもり(笑)、ギターヒーローになったつもり(笑)になれます。一気に弾き倒す感じより、メロディーの一つずつがはっきりした、でも力強いギターソロが好きです。ライブ前などに自分を鼓舞するために聴きたい。

◆C'est La Vie (Emerson, Lake & Palmer(Greg Lake))
幻想的なギターの爪弾きの音色とともに、異国情緒のようなものも味わえる作品。やや暗いコード進行に、どことなくオリエンタルな雰囲気が重なって、遠い場所に旅に出たくなります。
このブログを書きながら、久々にレコードで聴いたのですが低くて深めのボーカルもとても曲に合っていて楽器との一体感のある作品だなぁと改めて思いました。

こういうテーマでブログを書くと、次々に曲を掘り返して聴き始めてしまい、時間が物凄く経ってしまいます。ちょっと0時を回ってしまいましたが……まだまだそういう、その時だけは自分を主人公にしてくれるような曲を見つけたいです☆

Dp3OOj9U0AEyXK7.jpg

菊池ともか ”きっちん・らぷそでぃー/ドーナツの向こう側”
※発売日の11/3に新宿ディスクユニオンでの路上ライブや即売会イベント、12/1にdues新宿でのレコ発ライブを予定しています!

▼レコードのご予約はこちら(店頭でも大丈夫です)。
http://diskunion.net/jp/ct/detail/1007731810

▼"レコードの日"オフィシャルサイトにて試聴も可能です
https://xn--u9j9gocyg7c6671b.jp/items/items-1611

歩きながら聴きたい曲について

最近、外が涼しくてやっと歩きやすくなった感じがします。正直、ちょっと蒸しているだけでもすぐ「暑い!」となってしまうので(笑)、今の少し肌寒いくらい気温が一番快適で活発になれます♪

暑いときはイヤホンを付けるのも億劫で移動中に音楽を聴く気にすらなれない(そもそも外に出たくない)ことが多いのですが、不思議とこの季節になると、出歩きながら音楽を聴きたくなります。
この季節の変わり目(秋から冬)って、街の景色自体も移ろっていくからなのか、ちょっとセンチメンタルな、移動中にぴったりな曲が多い気がする。。。というわけで、私が愛聴している"歩きながら移動中に聴きたい曲"を独断と偏見でいくつか書いてみたいと思います。

◆散歩 (ガロ)
"花屋の窓を のぞいてみたら 季節がいつしか 変ってた"という歌いだしも、曲のゆっくりしたテンポもタイトル通り、散歩にぴったりです。具体的な四季は歌詞に出てこないので、秋の歌とは限らないのですが、その分聴いているこちら側で様々に情景を膨らませることができ、「何かものうげ 何か愉しげ」という表現も、個人的にはどこか今の秋晴れの乾いた道を歩く気分とマッチします。

◆落葉の物語 (ザ・タイガース)
過去にもこのブログでも好きな曲として書かせていただいた気がしますが、外国の絵本のようなキラキラした世界観で、クラシカルなメロディーに折り重なるロマンティックな歌詞がたまらない曲ですね。"やさしいあの人"の住みかが長い坂道の落葉の丘というのも、逢いに行くときの楽しみな気持ちや期待をより一層高鳴らせてくれるように感じます。冬の待ち合わせに向かうときに聴きたいです。

◆愛のナイフ (N.S.P.)
ふきのとうの細坪基佳さんの曲でもあり、以前カバーさせていただいたこともある大好きな曲です。
やり場のない哀しさ、やるせなさが歌詞からも伝わる抒情的な曲ですが、流れていくその底知れない哀しさが、こちら(聴き手)の抱えるうまく言葉にすらできない哀しさとも共鳴して、カタルシスを得られる側面があるように思います。
いてもたってもいられないほど辛くなった夜に、街の風にあたりながら聴いていたい、もしくはギターで弾き語りたい曲です。

◆あの娘の胸に途中下車 (ザ・ジャネット)
イントロのギターにまず痺れるのと、スカっと明るい歌声にとても惹かれる曲。青春のちょっと泥くさい感じも、勢いのある曲調と相まって、テンションが自然とあがります!"他の子のアドレスなど ただの紙切れさ~"と言いきっちゃうところが、もう本当にゾッコン(笑)なんだなぁという感じで、もし自分が一緒に演奏していたら、ギターのリズムも釣られて突っ込んでしまいそうです♪(そもそもなんですぐに一緒に演奏する妄想をしてしまうのかという……笑)少し遠出するときに聴きたいゴキゲンな曲かもしれません。

◆さよなら夏の光 (小島麻由美)
この曲は本当に何回聴いたかわからないくらい沢山聴いた曲で、今だに聴くと胸がツンとしてしまいます。
明るいメロディーなのに、切ないお別れの曲で、夏へのお別れ、少女時代とのお別れ、彼とのお別れ……みたいなものが何層にも甘酸っぱく重なって押し寄せてきて。終わらない、終わるはずないと思っていたものも、いつかは終わってしまうんだなぁ、と学んだ日々を思い出しつつ、記憶をそっとまた仕舞って、次の目的地に向かうときに聴いていたいです。

なんだかキリがなくなってきたのでこの辺でやめますが、皆さんの移動中のお気に入りソングもぜひ伺ってみたいです☆
あっ、"きっちん・らぷそでぃー"は、きっちん大浪に向かうときにぜひ(笑)

ACDU1B.jpg

菊池ともか ”きっちん・らぷそでぃー/ドーナツの向こう側”
※11/3に新宿ディスクユニオンでの路上ライブや即売会、12/1にdues新宿でのレコ発ライブを予定しています!

▼レコードのご予約はこちら(店頭でも大丈夫です)。
http://diskunion.net/jp/ct/detail/1007731810

▼"レコードの日"オフィシャルサイトにて試聴も可能です
https://xn--u9j9gocyg7c6671b.jp/items/items-1611

11月の予定

11月のスケジュール……といえばまずはレコードの発売日なわけですが、それに伴い、即売会イベントやインストアライブなど、お店により近い場所でライブをさせていただきます。
勿論、オンラインストアなどで入手いただくことも凄く嬉しいのですが、直接お渡しできる機会をいただいておりますので、もし発売日ご予定合いましたら、ぜひ新宿のディスクユニオンまで足を運んでいただけたらと思います。

かなり色々と盛りだくさんですが、どこかで見かけた際には、レコードの感想なども含め、声をかけていただけたら喜びます(笑)。それでは11月の予定のご案内です。

▼Media情報▼
「レコードがある暮らし vol.5」
連載記事:ドーナツの向こう側/イベントレポート:東洋化成見学ツアー
DqbJo2yVAAEmR2H.jpg

連載第2回は今回のドーナツ盤をどうやって作っていったかレポートさせていただいたり、私がガイドを務めさせていただいた「東洋化成見学ツアー」の模様も掲載いただいております。TAKE FREEですが、今回も濃厚な内容なのでぜひ!
詳細はこちらから

▼インターネットラジオ▼
Rapport ― 心と言葉のハーモニー ―
DJ:菅野秀之 ※ゲスト出演
http://www.tokyonetradio.com/ch/kanno_hideyuki.html

<11/3より配信開始>※インターネット環境があれば、PC、スマホなどで全国からお聴きいただけます。
菅野さんのラジオにお呼びいただくのは2回めでしたが、なんと1回めの出演時に「レコードを出したい」といった目標を語っていたとのこと……!念願叶えての出演、新たな夢や大切にしている言葉などについてお話しさせていただきました。

▼11月のスケジュール▼
☆ライブ・イベント出演予定
・11月3日(土)
 菊池ともか@新宿ディスクユニオン(日本のロック・インディーズ館前&昭和歌謡館) ※15時からと18時頃から出演

 【7インチレコード発売日・即売会イベント】

いよいよ「きっちん・らぷそでぃー/ドーナツの向こう側」の発売日ということで、新宿のディスクユニオンにて即売会&路上ミニライブなどを行います!
新宿の日本のロック・インディーズ館前の路上で15時から、昭和歌謡館の店内で18時からになっております。観覧無料ですのでぜひお越しいただき、直接レコードをお渡しできたらと思います路上ライブは雨天だと中止になってしまうのですが、今予報を見る限りだと晴れそうです♪

  ※ライブの詳細はこちら
  ※ディスクユニオン新宿日本のロック・インディーズ館の場所はこちら
  ※昭和歌謡館の場所はこちら
  ※観覧無料&特典あり

・11月20日(火)
 田渕純&菊池ともか@新宿カールモール ※19:30頃より出演

 【純とともかの新宿ビューティフルフォーク】

いつか出てみたいなぁと思っていたお店でもあるカールモールにて、田渕純さんとのフォーク・デュオでのライブをさせていただけることとなりました♪今回はタブレットさんではなく田渕さん名義で出演されるとのお話とともに番組風の素敵なイベント名まで……今から楽しみです!今までお声掛けいただく際は"暗い曲"の助っ人としてが多かったのですが(笑)、今回はビューティフルな楽曲もセットリストに加わるかもしれません

  ※ライブの詳細はこちら
  ※新宿カールモールの場所はこちら
  ※お陰様で完売となったそうですm(_ _)mご予約いただいたお客様、ありがとうございます。

・11月23日(金・祝)
 菊池ともか@ディスクユニオン昭和歌謡館 ※15:00頃より出演

 【3時のドーナツ・コレクション】

11/23は昭和歌謡館の5周年のお誕生日でもありまして、そのお祝いもかねてインストアライブをさせていただきます!レコードがところせましと並ぶ店内に、私のドーナツ盤も並べていただけると思うと感慨深く、またその場でのライブの機会をいただけてありがたいです。
レコードを探しがてらでも大丈夫ですので、お気軽に見にいらしてください

  ※ライブの詳細はこちら
  ※昭和歌謡館の場所はこちら
  ※観覧無料&特典あり

・11月24日(土)
 菊池ともか@横浜モア―ズ屋上ステージ ※13:00頃より出演

 横浜大楽器祭 【Martin弾き比べLIVE】

私のアコギはMartinの000-15Mなのですが、この日はそれ以外のMartinのアコギも贅沢に弾かせていただきながら、弾き比べのライブを行います♪なんて贅沢なイベントなんでしょう。観覧無料ですので横浜方面の方、ぜひ見にいらしてください!

  ※イベントの詳細はこちら
  ※横浜モア―ズの場所はこちら
  ※観覧無料

▼ライブのご予約、お問い合わせはtomoka_blog_info@yahoo.co.jpまでどうぞ。

DoUt2yTUYAAcMbs.jpg

菊池ともか ”きっちん・らぷそでぃー/ドーナツの向こう側”

▼レコードのご予約はこちら(店頭でも大丈夫です)。
http://diskunion.net/jp/ct/detail/1007731810

▼"レコードの日"オフィシャルサイトにて試聴も可能です
https://xn--u9j9gocyg7c6671b.jp/items/items-1611
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
11 01
プロフィール

菊池ともか

Author:菊池ともか
Twitter:tomoka_slvjet
夢見がちギタリスト&歌うたい。
1988年2月3日生まれ。AB型。
東京都出身。
10代半ばからギターに夢中で
様々なバンドにギタリストとして参加。
現在はソロプロジェクト
"Folk Rock Express"進行中。
愛用ギターは銀ラメのグレッチ・シルバージェット!
アコギはマーチンの000-15M☆

最新記事
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム